karahogudiary:

19 hours drawing on UDOK. wall,

UDOK. 3rd Anniversary LIVE drawing Performance

drawing with Ichinosuke Takagi,  2014.5.3

.

photo by Hzk Worx

2014.9.14

karahogudiary:

resent work…

COM drawing #w

.

photo by Hzk Worx in UDOK. 

2014.9.14

karahogudiary:

resent works…

Shoes draiwngs

クツ・ドローイング

.

photo by Hzk Worx in UDOK.

mitarbeiter:

Tumblr-User im Blickpunkt: Kaeghoro
Robert Malte Engelsmann ist ein in Berlin lebender bildender Künstler. Seine Arbeiten betonen oftmals Charaktere, die sich im Chaos, in der Umformung und im Wandel befinden. Sein ‘flowstate-drawing’-Prozess zeichnet sich durch dynamische Linien und eine Reduzierung und Herausforderung der Wahrnehmung aus. 
Mit welchen Materialien arbeitest du am liebsten? Wie sieht dein Arbeitsprozess aus?  Mein Lieblingsmedium ist Papier, großartig finde ich Recyclingpapiere. Meine dynamischen Linien zeichne ich am liebsten mit feinen Tintenstiften. Darüber hinaus benutze ich aber auch eine Vielzahl von anderen Stiften, Pinseln und Werkzeugen – meist intuitiv und auch experimentell im Mixed-Media-Prozess. 
Ich arbeite sehr gerne in Serien. Die Herangehensweise kann man sich eigentlich ganz gut wie beim Aufziehen eines starken Gewitters vorstellen. Ich lade mich eine bestimmte Zeit auf, und dann wollen die Eindrücke visuell artikuliert werden, hinaus in die Welt – entweder ganz frei oder mit einem Konzept im Kopf. Aus der freien Arbeit können dann wieder Konzepte entstehen oder auch umgekehrt. Beim Prozess des Zeichnens, den ich ‘flowstate-drawing’ nenne, bewege ich den Stift auf dem Papier und folge der Linie. Diese Bewegung und Spur nehme ich als Klang wahr. Es passiert etwas, und dann folge ich spielerisch der Bewegung.
Was inspiriert dich?
Neben der Bewegung auf dem Papier ist für mich die Bewegung des Körpers im Einklang mit dem Geist nicht wegzudenken. Ich hatte einen wertvollen Qigong-Lehrer, der mich auch dazu inspiriert hat, sich wieder der Kampfkunst zu widmen. Dadurch habe ich den wundervollen Weg von Morihei Ueshiba kennengelernt: Aikido.Die Kultur Japans hat wirklich viele fantastische Quellen, aus denen ich schöpfen kann – ich fühle mich diesen Erzeugnissen, wie zum Beispiel auch Zen, sehr verbunden. Die Geschichten der Samurai und die Filme sind auch eine unerschöpfliche Inspiration.Ich bin zudem auch unermesslich von der visuellen Kultur begeistert,die auf Tumblr herangewachsen ist und sich immer weiter entwickelt. Ich folge nicht nur Blogs von anderen Künstlern, die ich tagtäglich entdecke, sondern es sind vor allem junge Menschen aus der ganzen Welt, die sich auf ihren Blogs in Bildern ausdrücken und mit mir auf diese Art kommunizieren. Das ist fantastisch.
Was war dein bisheriges Lieblingsprojekt?Eines meiner Lieblingsprojekte ist ganz klar meine Kooperation mit dem japanischen Künstler Yosuke Tan, die durch Tumblr entstanden ist. Wir sind durchs Posten unserer Arbeiten aufeinander aufmerksam geworden und haben uns dann gegenseitig Zeichnungen geschickt, die der andere dann jeweils beendet hat. Diese Serie ( ‘Synergy’ ) wurde dann zusammen mit anderen Werken bei der Ausstellung ‘untangle & kaeghoro' im UDOK artspace in Iwaki City in Japan ausgestellt.

mitarbeiter:

Tumblr-User im Blickpunkt: Kaeghoro

Robert Malte Engelsmann ist ein in Berlin lebender bildender Künstler. Seine Arbeiten betonen oftmals Charaktere, die sich im Chaos, in der Umformung und im Wandel befinden. Sein ‘flowstate-drawing’-Prozess zeichnet sich durch dynamische Linien und eine Reduzierung und Herausforderung der Wahrnehmung aus

Mit welchen Materialien arbeitest du am liebsten? Wie sieht dein Arbeitsprozess aus?  

Mein Lieblingsmedium ist Papier, großartig finde ich Recyclingpapiere. Meine dynamischen Linien zeichne ich am liebsten mit feinen Tintenstiften. Darüber hinaus benutze ich aber auch eine Vielzahl von anderen Stiften, Pinseln und Werkzeugen – meist intuitiv und auch experimentell im Mixed-Media-Prozess. 

Ich arbeite sehr gerne in Serien. Die Herangehensweise kann man sich eigentlich ganz gut wie beim Aufziehen eines starken Gewitters vorstellen. Ich lade mich eine bestimmte Zeit auf, und dann wollen die Eindrücke visuell artikuliert werden, hinaus in die Welt – entweder ganz frei oder mit einem Konzept im Kopf. Aus der freien Arbeit können dann wieder Konzepte entstehen oder auch umgekehrt. Beim Prozess des Zeichnens, den ich ‘flowstate-drawing’ nenne, bewege ich den Stift auf dem Papier und folge der Linie. Diese Bewegung und Spur nehme ich als Klang wahr. Es passiert etwas, und dann folge ich spielerisch der Bewegung.

Was inspiriert dich?

Neben der Bewegung auf dem Papier ist für mich die Bewegung des Körpers im Einklang mit dem Geist nicht wegzudenken. Ich hatte einen wertvollen Qigong-Lehrer, der mich auch dazu inspiriert hat, sich wieder der Kampfkunst zu widmen. Dadurch habe ich den wundervollen Weg von Morihei Ueshiba kennengelernt: Aikido.
Die Kultur Japans hat wirklich viele fantastische Quellen, aus denen ich schöpfen kann – ich fühle mich diesen Erzeugnissen, wie zum Beispiel auch Zen, sehr verbunden. Die Geschichten der Samurai und die Filme sind auch eine unerschöpfliche Inspiration.
Ich bin zudem auch unermesslich von der visuellen Kultur begeistert,
die auf Tumblr herangewachsen ist und sich immer weiter entwickelt. Ich folge nicht nur Blogs von anderen Künstlern, die ich tagtäglich entdecke, sondern es sind vor allem junge Menschen aus der ganzen Welt, die sich auf ihren Blogs in Bildern ausdrücken und mit mir auf diese Art kommunizieren. Das ist fantastisch.

Was war dein bisheriges Lieblingsprojekt?

Eines meiner Lieblingsprojekte ist ganz klar meine Kooperation mit dem japanischen Künstler Yosuke Tan, die durch Tumblr entstanden ist. Wir 
sind durchs Posten unserer Arbeiten aufeinander aufmerksam geworden und haben uns dann gegenseitig Zeichnungen geschickt, die der andere dann jeweils beendet hat. Diese Serie ( ‘Synergy’ ) wurde dann zusammen mit anderen Werken bei der Ausstellung ‘untangle & kaeghoro' im UDOK artspace in Iwaki City in Japan ausgestellt.


onahamahsaf:

【ほったてバザール】開催のお知らせ現在、小名浜本町の空き地で開拓が進んでいる「小名浜ほったてフロンティア」で10月13日、県内外の作家やクリエイターの制作したアイテムなどを販売する青空市「ほったてバザール」を開催いたします。お越し頂く作家、クリエイターは、そのセンスとクオリティが高く評価されている方ばかり。ぜひ有意義なお買い物をお楽しみください。飲み物や食べ物も登場いたします。会場では、モバイルハウスやほったて小屋を「店舗」と見立て、モバイル商店街を開拓地に作り上げます! 10月13日は、小名浜ほったてフロンティアでまったりとお過ごしください。◆◆◆ほったてバザール出店者一覧◆◆◆・Trabant(ハンドメイド雑貨/北茨城)http://trabant.thebase.in/ ・R+(雑貨、アクセサリー/いわき)http://arutasu.blogspot.jp/・何必窯(陶器/いわき)http://kahitsukama.jimdo.com/・Smile aroma time La yukky(アロマトリートメント&グッズ/いわき)・RICO(服飾雑貨/盛岡)※作品のみ・RIN(着物リメイク/いわき)https://www.facebook.com/kimonorin163・mugen∞market(雑貨/いわき)・山座敷(イラスト・デコ雑貨/いわき)http://yamazashiki.web.fc2.com/・Komorebi Cafe(珈琲/いわき)・Mume(SAKE & SAKANA/いわき)

onahamahsaf:

【ほったてバザール】開催のお知らせ

現在、小名浜本町の空き地で開拓が進んでいる「小名浜ほったてフロンティア」で10月13日、県内外の作家やクリエイターの制作したアイテムなどを販売する青空市「ほったてバザール」を開催いたします。

お越し頂く作家、クリエイターは、そのセンスとクオリティが高く評価されている方ばかり。ぜひ有意義なお買い物をお楽しみください。飲み物や食べ物も登場いたします。

会場では、モバイルハウスやほったて小屋を「店舗」と見立て、モバイル商店街を開拓地に作り上げます! 10月13日は、小名浜ほったてフロンティアでまったりとお過ごしください。

◆◆◆ほったてバザール出店者一覧◆◆◆

・Trabant(ハンドメイド雑貨/北茨城)http://trabant.thebase.in/ 
・R+(雑貨、アクセサリー/いわき)http://arutasu.blogspot.jp/
・何必窯(陶器/いわき)http://kahitsukama.jimdo.com/
・Smile aroma time La yukky(アロマトリートメント&グッズ/いわき)
・RICO(服飾雑貨/盛岡)※作品のみ
・RIN(着物リメイク/いわき)https://www.facebook.com/kimonorin163
・mugen∞market(雑貨/いわき)
・山座敷(イラスト・デコ雑貨/いわき)http://yamazashiki.web.fc2.com/
・Komorebi Cafe(珈琲/いわき)
・Mume(SAKE & SAKANA/いわき)

onahamahsaf:

 2014年9月28日

 小名浜本町通り芸術祭公式ワークショップ「小名浜の景観をスケッチしに出かけよう写生会」が開催されました。参加された皆さん、それぞれじっくりと景色と向き合いながら、自分なりのタッチで、小名浜のまちなみをスケッチしていました。

 このスケッチは、OAM(小名浜アート盛りつける)の主催で行われました。震災後から定期的に行われており、昨年の「第1回小名浜本町通り芸術祭」でも、展示のメインとして本町通りに展示されました。

 日々変わりゆく景色を、写真ではなくあえて手間のかかるスケッチで保存しようという、この試み。1枚のスケッチに時間をかけることで、自分の思い出を呼び覚ましながら、時間軸のなかで風景を捉えることができます。

 小名浜に暮らしたことがない参加者も、お気に入りの風景をスケッチすることでまちと接続され、スケッチによって新たな「強い関係性」を結ぶことができるような気がします。

 私たちが日々通り過ぎている日常の風景は、まったく変わらないようでありながら日々変わっています。それぞれの時間軸の中で「日常」を捉え直し、小名浜と新たな関係を結ぶとてもよい機会になりました。

 皆さんのスケッチは小名浜本町通り芸術祭実行委員会のほうで大切にお預かりし、10月12日、13日の芸術祭本番で小名浜のまちなかに展示させて頂きます。

 写真撮影:hzk

onahamahsaf:

小名浜のまちなかにできた空き地に、ぼくらの開拓地を作ろう。

小名浜ほったてフロンティアは、市内のほったて小屋造形家を講師に迎え、小名浜本町通りの空き地に、仮設の「移動式ほったて小屋」を建設するプログラム。毎週日曜日に、小名浜本町通りで日曜大工しながら、フロンティアを作ります。

ほったて小屋を建設する場所は、震災によって建物が解体され、空き地となってしまった町の一角。小名浜の中心部にぽっかりと開いた穴のように、その空き地はできています。そこに、みんなでゼロからほったて小屋を建て、人々が集まれる自由な場を作りたいと考えました。

自らが「創造者」となるからこそ、自分たちのスケールで「建築」を掴み、そして、「日常」のスケールを掴むことで、私たちの「暮らし」を問い直すことができるのではないか。そんな疑問から、このプロジェクトはスタートしました。大事なのは、開拓者は、私たち自身だということ。

また、この空き地は、ちょうど、小名浜港と小名浜の中心ショッピングモールリスポの間にあります。海と町の間にある空き地なのです。震災によって生まれた空き地ということを考えれば、今の私たちの日常と震災の間にある空き地だとも言える。

小名浜ほったてフロンティアは、港と町の間、そして日常と非日常の間にできる「潮目」のような場を作ることを目指しています。そう、いわき沖の「潮目」のように、さまざまなものが混じり合う、豊かな恵みをもたらす場を作るのが、このプロジェクトの目標です。

対立する概念、二分化された思考、分断されるコミュニティ。それが別れることなく、すべてが一度混じり合い、豊かな「場」となって、さまざまな恵みをもたらす。そんな「潮目」となるほったて小屋を、一緒に作りませんか?

ほったてフロンティアでは、毎週日曜日にほったて小屋を作ったり、そこに藝術作品を飾ったりする「開拓イベント」を開催しています。すでに、制作は始まっているのです。また、トークゲストをお呼びしてのトークイベントや、ほったて小屋でのゆるいパーティも開催中です。

ぜひあなたも、ほったてフロンティアの開拓者となってください。

onahamahsaf:

小名浜本町通り芸術祭公式プログラム「小名浜ほったてフロンティア」。すでにプログラムが始まっておりまして、ほったて造形集団のNakaryng、tttttanのもと、ほったて小屋の制作ワークショップが始まっています。

この写真は9月21日に開催されたワークショップの模様を撮影したもの。フォトグラファーのひづきさんに撮影して頂きました。ひづきさんは、ほったて造形集団のフォトグラファーとして、開拓の「記録」を担当して頂きます。

ほったてフロンティアは、小名浜の空き地にほったて小屋やモバイルハウスを建設し、DIYで開拓しようという日曜大工の建築系プロジェクト。ほったて造形集団のもと、外壁に絵を書いたり、海で拾ってきた貝殻を貼付けたり、一般の方が主役となって空き地を開拓するものです。

まちなかにぽっかりと空いた空き地がどのように開拓されていくのか。ぜひ皆さんも「開拓者」となって、その開拓の歴史に名を刻んで下さい。次回の開拓日は10月5日(日)です。ぜひご参加ください!!

10月5日には、ほったて小屋でのトークイベントやちょっとした屋外パーティも予定していますよ。お楽しみに!

onahamahsaf:

小名浜のまちなかにできた空き地に、ぼくらの開拓地を作ろう。

小名浜ほったてフロンティアは、市内のほったて小屋造形家を講師に迎え、小名浜本町通りの空き地に、仮設の「移動式ほったて小屋」を建設するプログラム。毎週日曜日に、小名浜本町通りで日曜大工しながら、フロンティアを作ります。

ほったて小屋を建設する場所は、震災によって建物が解体され、空き地となってしまった町の一角。小名浜の中心部にぽっかりと開いた穴のように、その空き地はできています。そこに、みんなでゼロからほったて小屋を建て、人々が集まれる自由な場を作りたいと考えました。

自らが「創造者」となるからこそ、自分たちのスケールで「建築」を掴み、そして、「日常」のスケールを掴むことで、私たちの「暮らし」を問い直すことができるのではないか。そんな疑問から、このプロジェクトはスタートしました。大事なのは、開拓者は、私たち自身だということ。

また、この空き地は、ちょうど、小名浜港と小名浜の中心ショッピングモールリスポの間にあります。海と町の間にある空き地なのです。震災によって生まれた空き地ということを考えれば、今の私たちの日常と震災の間にある空き地だとも言える。

小名浜ほったてフロンティアは、港と町の間、そして日常と非日常の間にできる「潮目」のような場を作ることを目指しています。そう、いわき沖の「潮目」のように、さまざまなものが混じり合う、豊かな恵みをもたらす場を作るのが、このプロジェクトの目標です。

対立する概念、二分化された思考、分断されるコミュニティ。それが別れることなく、すべてが一度混じり合い、豊かな「場」となって、さまざまな恵みをもたらす。そんな「潮目」となるほったて小屋を、一緒に作りませんか?

ほったてフロンティアでは、毎週日曜日にほったて小屋を作ったり、そこに藝術作品を飾ったりする「開拓イベント」を開催しています。すでに、制作は始まっているのです。また、トークゲストをお呼びしてのトークイベントや、ほったて小屋でのゆるいパーティも開催中です。

ぜひあなたも、ほったてフロンティアの開拓者となってください。

onahamahsaf:

建設中の小名浜ほったてフロンティアでは、こぢんまりとした「屋宴」も開催中。実際にほったて小屋を活用し、そこで時間を過ごしてみることで、「内」と「外」の関係がいかに作られるのか、実体験を元に感じることができます。日常の問い直し。ほったてフロンティアは、9月28日、10月5日もワークショップを開催します。ぜひお越し下さい。

karahogudiary:

小名浜本町通り芸術祭2014 『写真の展示』ワークショップ

《 あさんぷぉ vol.4 》

2014.9.14 開催しました。

.

朝の小名浜をカメラを持って散歩して、港で朝ごはんを食べるという早朝企画のワークショップ。

http://karahogudiary.tumblr.com/post/95340094499

今回は小学生も含む15名の参加者のみなさんと一緒に、UDOK.~横町公園~小名川~港へとカメラを持って散歩し、港で朝ご飯を食べてまたUDOK.まで戻ってくるコースで、約3時間ほどの「あさんぷぉ」でした。

参加者のみなさん、ありがとうございました!

主催:小名浜本町通り芸術祭

企画・協力:からみほぐし研究所UDOK. 

.

次回『あさんぷぉ』は、11月予定!

AM6:00 UDOK.集合。

季節が巡ると、同じ時間でも朝と夜の狭間を散歩できます。また新たな小名浜の表情と出会う朝のひとときを、どうぞお楽しみください。

.

photo by tttttan

2014.9.14

(via onahamahsaf)

onahamahsaf:

小名浜本町通り芸術祭関連ワークショップ・昼の部
ほったて小屋のまち
【小名浜 ほったてフロンティア】
開催中〜
.
小名浜本町通りの空き地に、ほったて小屋で町を作ろう!
9月1日〜空き地で公開制作中です。
10月12、13日の「小名浜本町通り芸術祭」では、完成した町のお披露目です。ほったて小屋のまち「ほったてフロンティア」には、様々なお店などが入る予定です。
*9月14日、21日、28日、10月5日の日曜日には、ほったて小屋づくりの公開参加型ワークショップを行います。
11:00〜15:00の間で、当日参加自由です!
.
場所:上の地図を参照下さい。
問合せ:UDOK. (いわき市小名浜字本町29−2 東邦銀行小名浜支店さん向かい)
karahogu@gmail.com (担当:タン)

onahamahsaf:

小名浜本町通り芸術祭関連ワークショップ・昼の部

ほったて小屋のまち

【小名浜 ほったてフロンティア】

開催中〜

.

小名浜本町通りの空き地に、ほったて小屋で町を作ろう!

9月1日〜空き地で公開制作中です。

10月12、13日の「小名浜本町通り芸術祭」では、完成した町のお披露目です。ほったて小屋のまち「ほったてフロンティア」には、様々なお店などが入る予定です。

*9月14日、21日、28日、10月5日の日曜日には、ほったて小屋づくりの公開参加型ワークショップを行います。

11:00〜15:00の間で、当日参加自由です!

.

場所:上の地図を参照下さい。

問合せ:UDOK. (いわき市小名浜字本町29−2 東邦銀行小名浜支店さん向かい)

karahogu@gmail.com (担当:タン)

(via udokonahama)

onahamahsaf:

小名浜本町通り芸術祭2014の全貌公開! 今年は「ほったて小屋でまちづくり。『小名浜ほったてフロンティア』」、「手づくりプロジェクションマッピング。『ONAHAMA MAHOU PROJECTION』」、「本町通りをギャラリーに。『おなはまはみだしぎゃらりぃ』」の3本柱で開催します!

onahamahsaf:

小名浜本町通り芸術祭2014の全貌公開! 今年は「ほったて小屋でまちづくり。『小名浜ほったてフロンティア』」、「手づくりプロジェクションマッピング。『ONAHAMA MAHOU PROJECTION』」、「本町通りをギャラリーに。『おなはまはみだしぎゃらりぃ』」の3本柱で開催します!

(via udokonahama)

onahamahsaf:

小名浜本町通り芸術祭ワークショプ開催
【あさんぷぉ vol.4】


早朝の小名浜のまちをカメラを持って散歩して、港で朝ごはんを食べるというワークショップ。
写真だけじゃなく動画もOK!
今回は手づくりプロジェクションマッピングプロジェクト『ONAHAMA MAHOU PROJECTION』で投影する動画も撮影してみよう!
iPhoneの無料動画アプリ『ROADMOVIE』を使います。
動画は『ONAHAMA MAHOU PROJECTION』時に流します。
詳しくは当日スタッフが説明いたします。
2014年9月14日(日) 6:15 START
(6:00にUDOK.集合)
*参加費500円(朝ごはん代は各自)
*カメラ持参(なんでも自由)
.
集合場所・問合せ
*いわき市小名浜字本町29-2 UDOK. (東邦銀行小名浜支店さん向かい)
mail: karahogu@gmail.com (からみほぐし研究所 たん)
.
企画・協力
小名浜本町通り芸術祭 / UDOK. / からみほぐし研究所

onahamahsaf:

小名浜本町通り芸術祭ワークショプ開催
あさんぷぉ vol.4】

早朝の小名浜のまちをカメラを持って散歩して、港で朝ごはんを食べるというワークショップ。

写真だけじゃなく動画もOK!

今回は手づくりプロジェクションマッピングプロジェクト『ONAHAMA MAHOU PROJECTION』で投影する動画も撮影してみよう!

iPhoneの無料動画アプリ『ROADMOVIE』を使います。

動画は『ONAHAMA MAHOU PROJECTION』時に流します。

詳しくは当日スタッフが説明いたします。

2014年9月14日(日) 6:15 START

(6:00にUDOK.集合)

*参加費500円(朝ごはん代は各自)

*カメラ持参(なんでも自由)

.

集合場所・問合せ

*いわき市小名浜字本町29-2 UDOK. (東邦銀行小名浜支店さん向かい)

mail: karahogu@gmail.com (からみほぐし研究所 たん)

.

企画・協力

小名浜本町通り芸術祭 / UDOK. / からみほぐし研究所

this board produced by   からみほぐし研究所

view archive



Ask me anything